フラットでチャレンジできる社風

フラットで自由な組織

トップ自ら非常にオープンなマインドを持っており、社長室には、誰もが気軽に話しかけられるよう、ドアはいつもオープンにして仕事をしています。トップダウンで仕事をやらされる感が無く、むしろボトムアップで意見を上げ、全員が一丸となって自主的に仕事に取り組める環境。さらに部署間の垣根も低く、お互いに気軽に相談しあえる風土も伝統的に形成されているのが特長です。

チャレンジできる環境

プロジェクトマネジャーがプログラムを書くこともあれば、エンジニアが営業段階で提案書を書いたり、プレゼンに参加することもあります。 そんな職種の壁のなさもテックファームの特長のひとつ。社員の年齢層が近く、やりたいことが言えて、やらせてもらえる風土が根付いているため、 新入社員でも自分の描くキャリアプランに少しでも近づけるよう、様々な経験を積むことができます。

常に最新のトレンドとテクノロジーに触れながら成長

AndroidやiOS、ウェアラブルデバイス、HTML5、NFC、AWSのクラウドなど、 誰もがお客様の新しい要望に対してもいち早く提案できるよう、常に新しい技術にアンテナを張り続けています。新しい技術を「自分のものにしたい」という場合は、先輩から情報やアドバイスを受けながら、 直接教えてもらうことができ、大いにスキルアップをしながら成長できる社風があります。

自分自身でスキルアップの方向性を決められる

テックファームでは、決まった設計書どおりにつくることがあまりありません。ほとんどが直請けのプロジェクトで、 お客様と一緒にサービスをつくる立場にあるからです。どの技術をつかって、どうアプローチするか。一人ひとりが自分の頭で考えながら、技術的な価値を高めています。 新入社員でも「この業界をやってみたい」「この技術を極めたい」という意思があれば、スキルを磨き、自分の強みにしていくことができます。

実力をつければ付けるほど個人の裁量が大きくなる

新入社員でも、周りから実力が認められれば、自分で判断しながら仕事を進めることができます。 そしてプロジェクトマネジャーになれば、自らの裁量でプロジェクトを計画、構築、進行することができます。 もちろん、その分、プロジェクトに対する責任も大きくなります。ですが、テックファームでは、そのことをネガティブには捉えません。 できる仕事だけでなく、少し背伸びした仕事に挑戦できることや、より大きな権限を持てることは貴重な経験であり、成長のチャンスになると考えているのです。