社員インタビュー Shun - PG

技術スキルに感じていた不安、市場価値を高めるための転職

前職は大手SIer。製造業向けにC++やC#を使用したアプリケーション開発やCADシステムの運用保守業務を1年半行なっていました。
当時はある特定の分野に特化した開発が中心であったため、おのずと必要となる知識も限られていて、自分自身のスキルに対し、常に不安がありました。
「この先、自分は社外へ出たとき、本当に通用するのだろうか?」
一人のエンジニアとして専門性を磨き、市場価値を高めるため転職を決意しました。
「今後はコンシューマー向けサービスにも携わりたい。業種・業界の垣根を越え、幅広いフィールドでエンジニアとしての経験を積みたい。」と企業を探していたところ、出会ったのがテックファームです。
エンタメから基幹システムまで、対峙するクライアントは多岐に及び、多様なニーズに応えるため、常に先端技術の事例をキャッチアップすることが求められる当社。
自分にとって成長機会が多く、理想的な環境であると感じ入社を決めました。

プロジェクトメンバー一人ひとりが持つ提案姿勢、クライアントと同じ課題を共有するやりがい

テックファームへ入社後は、主にJavaやRubyを用いて、音声認識を活用したコンシューマ向けサービスのサーバ改修や追加開発を担当しています。
当案件では開発スタイル上、短周期で実装からテストまでを実施する必要があり、スピード感と品質の両者が求められます。当然、困難な課題も少なくないですが、その分、成長を感じる機会も多く、特にバックエンドで膨大なデータをクラウド上で管理しているため、アプリのみならずインフラ領域の知識まで幅広く習得でいる点で、貴重な経験だと感じています。
当社へ来て感じたのは、一エンジニアであってもクライアントへ提案する機会が多いこと。「サービス改善に向け、どのような技術を選び、組み合わせ、活用するか。」を常に考えながら開発を進めるため、自然とプロジェクトメンバー一人ひとりが、当事者意識を持っていることがテックファームの特徴であり、強みだと思います。
クライアントと同じ目線で課題を見つめながら、課題解決ができるやりがい。
プライムでクライアントとの距離が近い、当社だからこそ感じられる醍醐味ではないでしょうか。

技術探究心をくすぐる多彩なイベント、スキルを伸ばせる仕掛けが豊富

当社の最大の魅力は、様々な価値観のメンバーが集まっていることだと思います。
プロジェクトメンバーや業務外でのコミュニケーションの中で、多様なバックボーンや考え方に触発され、自分が持っていない新たな視点に気付くことも多く、良い刺激となっています。
テックファームでは毎月、勉強会やワークショップなども多く開催していますが、こうした時間も大切なコミュニケーションの機会です。
当社の技術顧問から最新のフレームワークのトレンドについて講義を受けたり、社内の有識者が開発ツールやプロジェクト管理などのセミナーを実施したり。
最近、有志でLT(Lightning Talk)も定期的に行っていて、自然と技術動向へのアンテナが高くなる社風がありますね。中にはシングルボードコンピューターなどをテーマにした機械工作ワークショップまであり、多彩なラインナップがあるので、エンジニアにとっては技術探究心をくすぐられる環境だと思います。
「技術」という同じ共通言語を持った同志と肩を並べて、刺激し合える環境は当社の大きな魅力であり、強みだと思います。

こんな人と一緒に働きたい!

ベンダーフリーで、提案から開発、保守運用までワンストップで手掛けている当社。
システム開発を手掛ける上で、その工程すべてに関われることは、一人のエンジニアとして成長する上で、非常に重要な経験だと思います。
当然ながらその分、エンジニアとして意識すべき範囲も広く、ソースコード一行をとっても、目的や背景、その意味を掘り下げて考える必要があります。
「身の回りのアプリケーションやサービスがなぜ動いているのか、裏側はどのような構成やロジックで出来ていて、その目的や意図は何であるか。」普段の生活の中でも、そうした「仕組み」の部分をつい知りたくなってしまうような人。
そんな人であれば、テックファームは開発をする上で、とても面白みのある環境だと思います!

その他のインタビュー