社員インタビュー Hiroshi - PM

とことんスキルアップして深まったキャリアパスへの想い

私がテックファームに転職した理由、それは積極的に学べる制度や環境が整っていたから。
異業種からの転職だったため、社内セミナーや資格取得支援制度等、充実した育成制度を活用して一から勉強することができましたし、横のつながりが大きく、他プロジェクトのメンバーや上長と気軽に話せる雰囲気があるので、雑談のようにアドバイスをもらったり、分からないことを教えてもらうことができました。
入社当時はずっとエンジニアとして幅広い技術に関わっていきたいと考えていましたが、次第にプロジェクト全体を動かしていくことへの興味が沸き、その醍醐味を感じたく、現在はSE、PMとして関わるようになりました。

お客様からの要望に最新技術で応えるためのキャッチアップ

PMとして、客先での打ち合わせ、要件定義、設計や、全体のスケジュール管理を主に行っています。担当しているプロジェクトでは、Androidタブレットを使ったホームアプリの開発や改修が多く、Androidの知識は必須。要件定義や設計の段階で「UIでこういうことは可能か」という相談もあり、常にAndroidに関する最新情報をキャッチアップして提案できるようにしています。また、バックエンドシステムとの連携もあり、PMとしてサーバーサイドの機能やデータの流れなどトータルでイメージしながら説明できることも必要ですね。
大手企業の案件が多いため、リリース後のサイトやアプリなど目に触れることが多く、自分たちの仕事に対するレスポンスを感じやすいのがやりがいに繋がっています。

プロジェクトへの当事者意識がキャリアパスへと繋がる

テックファームでは、トータルで関われる案件が多いことが魅力。以前のプロジェクトでも見積から要件定義、設計、実装、試験、リリースから、リリース後の保守作業まで関わりました。それによってプロジェクト全体を俯瞰し、より具体的にイメージできるようなったことが次の案件の提案力を高め、結果として多くの受注に繋がっています。
そのために欠かせないのが主体性。自らが当事者意識を持って仕事に取り組むことで、案件を任せてもらう機会が増え、PMへとキャリアパスできたと思っています。自分が主体となって動くことに楽しさを感じられる人なら、きっとテックファームで成長できると思います。

その他のインタビュー