社員インタビュー Kenta - 営業

夢中になれる「ものづくり」で課題を解決、就職活動を通して知ったSIerの面白さ

大学院では、機械工学を専攻。「塑性(そせい)加工」と呼ばれる、自動車のボディやアルミ缶などの工業製品の製造に用いられる技術について研究していました。 IT業界へ漠然と興味を持つようになったのも、幼い頃から「機械もの」、「新しいもの」が好きだったから。特に、大学院に進んでからは、「ものづくりという自分の夢中になれる領域で、チャレンジをしたい。」「クライアントの声を聴きながら、企業やユーザーの抱えている問題を解決したい。」という想いから、メーカーの技術営業職などを中心に選考を受けていました。 業界研究を進める中で出会ったのがSIerという仕事。 技術という切り口で、クライアントの課題にアプローチできるという点で、希望する仕事内容と近いと感じました。 SIerの中でも、テックファームに入社を決めた最終的な決め手は「人」。
座談会や選考の場で先輩社員と交流する中で、当社の社員は皆、自社のことや自身の仕事について誇りを持って語る姿が、他社と比べ圧倒的に多かったことが印象的でした。
前向きに楽しみながら、ミッションへ向き合う社員の姿勢に惹かれ、入社を決意しました。

営業職も受講できる技術研修、ITのプロとして幅広いスキルを習得できる

テックファームでは営業職の新入社員も、エンジニア職と同じく技術研修を受講します。 先端技術を活用してソリューションを提案する当社では、ITのプロフェッショナルとして、一営業であっても技術的な知見が求められることも少なくありません。 また、プロジェクトを進める中で、営業と開発側の密な連携は不可欠であるため、 こうした研修を通し、技術的な基礎知識を習得できること、開発現場でエンジニアがどのように業務に取り組んでいるかを理解できることは、営業職の私にとって貴重な経験となりました。 本配属後の現在は、OJTをメインに先輩社員の下で業務を学ぶ毎日。 先輩社員に同行してクライアント先のミーティングに参加し、議事録を書いたり、クライアントからの要望を基に、提案書の作成などを行ってます。 私自身、業界について知らないことも多く、乗り越えなくてはならない壁も多いですが、 クライアントから直接要望や相談を受ける立場であるため、責任や使命感、やりがいを感じる場面が多く、モチベーションへとつながっています。

若手の意見もきちんと聞いてもらえる、フラットで手を挙げやすい環境

テックファームは社員同士の仲がとても良く、先輩後輩関係なくフラットに話せる環境です。特に、若手社員の意見にもしっかり耳を傾けてもらえる点は、実際に働いてみて改めて感じた魅力ですね。 例えば当社では、社内の情報共有やコミュニケーションを活性化するための取り組みとして、有志の社員がキックオフや全社会、忘年会などの社内イベントを運営・企画するチームを結成していて、実は私もその運営メンバーの一人です。 運営メンバーは月に一度、経営層とのランチミーティングを開催し、運営方針の報告や意見交換を行っているのですが、こうした場でも年次や役職に関係なく、新入社員でも役員でも、対等な立場で意見や提案をしながら進めている風景は、当社ならではかと思います。 手を挙げやすく、多様な意見を歓迎するテックファームの社風。 新しいことに果敢にチャレンジをしたい方、常に問題意識や提案意欲のある方であれば、成長を加速する環境が整っています。

学生さんへのメッセージ

テックファームは1人1人の「個性」を何よりも尊重してくれる会社だと思います。 だからこそ学生のうちから、自分のやりたいことやできること、達成したい目標などをしっかりと考え抜いて、是非、その考えを周囲へ自分の言葉で伝えて下さい。 いい意味で「自分本位」な気持ちを忘れずに面接に挑んでください。 自分をしっかり持っていれば、おのずと結果はついてきます!

その他のインタビュー