PEOPLE Saori - サービスデザイナー

当社が実践するユーザー心理に基づくUI/UX設計、 その専門性に惹かれ転職を決意

私がテックファームを選んだ理由、それはサービス設計やIA/UX、UIデザインを担当する専門チームがあったことです。単なるアイディアだけの企画ではなく、ビジネスとしてサービスを成功させることや、実際にエンドユーザーに使われるサービスを作るためには、知識や体制が不可欠であると、以前から感じていました。 そう考えていたタイミングで出会ったのがテックファームです。
面接の中で、現在の上長であるリーダーから、「テックファームのデザインチームでは、サービス設計、IA/UX、UIデザインをユーザー心理の観点からロジックを持って追求している」という説明を聞いた時、「私はこの会社で勉強したほうがいい。キャリアを築く上で、とても学ぶことがある。」と感じました。
また、テックファームが幅広い開発領域と多くのクライアントを持ち、なおかつワンストップであることに、「自分の仕事を通じ世の中に貢献できるフィールドがここにはある」と考え、入社を決めました。

クライアントの要望を形にする喜び、ワンストップならではの醍醐味を実感

私は主に、サービス設計・IA/UI設計を担当しています。 最近、特に印象に残っているのは、ファッションに関する女性向けスマートフォンアプリの開発案件です。20~30代の女性を対象に、人気ブランド商品の新着情報を通知したり、気になる商品をブックマークできるアプリで、ユーザーを店舗や各ブランドのECサイトへ誘導するO2O施策として手掛けました。
この案件でテックファームはサービスの企画設計から参画し、私たちデザインチームではクライアントと共に、サービスに必要不可欠な機能を定義することから始めました。
その結果、クライアントから「自分たちが作りたかったものが、形になった。」「こうやってつくりたいものを、形にしていくのか。」と喜びや感心の声を頂き、クライアントの要望を形にする醍醐味を感じました。これもワンストップでサービスの企画段階から携われる、テックファームだからこそ得られた貴重な経験だと思います。

積極的にチャレンジできる、それは互いに信頼できるメンバーがいるから

上下関係なくフラットな社風で、役員含め、会話しやすい環境が当社の魅力だと思います。元エンジニア出身の役員も多く、現場に対し理解がある点で安心感があります。
特にデザインチームは一体感があり、一緒に仕事をすることがとても楽しいです。今はまだ立ち上がったばかりの小さなチームですが、互いを信頼できる分、失敗を恐れず、新しいことに安心してチャレンジすることができます。
私は将来的に、日本国内のITユーザビリティの底上げに貢献できるような人物になりたいと考えています。そのためにも、テックファームで信頼出来るメンバーと共に経験を積み、今にも増してIT活用を通じ社会に価値を生み出せるよう頑張ってゆきたいです。

こんなメンバーと働きたい!

自分自身の信念を持って仕事をする人、考えるばかりでなく行動する人、待ってるだけではなく、自分から主体的に動いていける人。
こんなことを書いている私自身も、まだまだ勉強しなくてはいけないことばかりですが、サービス設計やUXD・UIDを積極的に行いたい人は、ぜひ一度テックファームへ訪れて頂けたらと思います!

その他のインタビュー