PEOPLE Yoshinori - PM

お客様が持つイメージを具現化するのがPMの役割

私の部は、テックファームでは比較的大規模な案件や、基幹業務システムの構築といった開発案件を扱うことが多い部署。最近はスマートフォン開発の案件も増えていますが、アプリ開発とバックエンドシステムとがセットになったシステム構築が多いですね。必然的にシステム規模としては大きくなりますので、クライアントの業務フロー検討や、システム稼働後の運用設計といった業務も行っています。
多くのクライアントは、漠然としたシステム構築のイメージしか持っていません。そのイメージを要件定義を通じて抱える問題や要求を把握し、いかに最適なシステムとして具現化するかは、PMである私にかかっています。ですからプロジェクト開始前の営業フェーズでは、営業同行や提案書の作成支援、見積なども行い、スタートすれば、Androidアプリケーション開発のPMという立場で、開発プロジェクトのコストやスケジュール管理をはじめとした管理業務の他、開発初期には要件定義や基本設計などにも関わりながら顧客調整を行っています。業務システムとの連携ともなれば、当然クライアントの実務に大きな影響を与えることになりますから、システムの使い勝手も考慮した上で、構築するよう心掛けています。

常に最新技術に触れながら、様々なプロジェクトに関われる

テックファームは、常に新しい技術を追求し、世の中の最新動向に目を向けています。最近もスマートフォンに関わる内容を中心に新聞記事をコピーした回覧が回ってきたりするので、意識せずともそういった情報に常時触れていることができますし、もちろんそれらの最新技術を習得するための研修会もあります。
また、業種や業態を問わずに開発を請け負っており、「金融系だけやってて飽きた」というようなことはありません。また、プライムベンダーとしてクライアントと直接やり取りをする機会が多くありますので、「自分が何を目的に開発しているのか分からない」ということもありません。様々な業界、領域のプロジェクトに目的意識を持って取り組めるところもテックファームで働く魅力です。比較的短納期の開発も多いため、それを実現するための手段を検討したり、顧客と調整したりなど、日々の業務が刺激的で、その分大きなやりがいを感じてもらえると思います。

経験とスキル、コミュニケーション力、そして積極的な姿勢

今後入社いただく皆さんには、実力とマネジメント志向を持った方であれば積極的にPMとして案件を任せていきたいと考えています。入社時の開発経験やスキルも重要ですが、他にも2つのことを重視しています。
一つ目は、コミュニケーション力。単に仲間と協調できるというだけではNGで、相手の立場や意図を理解した上で会話ができることとか、相手の心境の変化を見極めながら会話の内容を変えていけるようなコミュニケーション力を持った方を求めています。
二つ目は、積極性。これまで開発経験のないプロジェクトにも積極的に参加してもらいたいのですが、大事なのは、単に言われたことをやっただけで終わるのではなく、そのプロジェクトを通じてどのようなスキルアップが望めるかの意識を強く持っている方を求めています。社内にはそれぞれの分野で必ずエキスパートがいますから、直接その社員に聞きながら自主的にスキルを磨くチャンスはいくらでもあります。
そして何よりも皆さんがこれまでどれだけ考えてやってきたのか、どれだけの苦難を乗り越えてきたのかに期待している部分も大きいです。是非、チャレンジしていただき、テックファームで多くの苦楽を共にしましょう!

その他のインタビュー