MESSAGE テックファームのメッセージ

THINK UNIQUE.

「やらなきゃ」よりも「やりたい」を

グループCEOからのメッセージ、テックファームの人と組織に関する考え方、
テックファームが大切にする6つのコア・バリューをご紹介します。

グループCEOメッセージ

“共に成長する為に”

テックファーム
ホールディングス株式会社
代表取締役 CEO
永守秀章

社員一人一人が主役
IT業界、そしてテックファームグループで未来を創る喜びを

ITが社会インフラの一部となった今、企業のみならず個人の生活においてもITはなくてはならない存在です。

そうした中、新しい産業・事業・サービスを描くデザイン力と、それを実現する高いテクノロジー力の両輪を併せ持って未来を描くのがテックファームグループ。 我々が目指すのは、単なるテクノロジーの提供ではなく、テクノロジーを使って社会に新しい価値を創造することです。

例えば、日本の高品質で美味しい農産物を海外に幅広く提供するための「農業流通 × Tech」によるデータプラットフォーム作り。例えば、自動車に対する価値観が変化する現代において、中古車市場の活性化を支える「自動車アフターマーケット × Tech」。他にも、既存事業が大きく進化するための“共創パートナー”として様々な産業や企業とのコラボレーションを進めています。

そして海外でも、シリコンバレーに続いてインド企業とも業務提携するなど、グローバルにグループのエコシステムを広げ、テックファームグループが価値発揮する舞台を大きくしていきます。

主役と演出家を
経験しながら成長
会社という舞台を使って
最高の輝きを!

新しい価値を創造するため、多様な人材が一人ひとりの力を発揮する場。それがテックファームグループであると考えます。ですから、主役は社員。会社は良い舞台を用意し、社員を信じて舞台に送りだす。それが会社の役割だと考えます。

社員は、主役として舞台に立ちながら、観客席の反応を見て「もっとこうしよう、ああしよう」とより良いパフォーマンスを上げていくための権限も与えられます。つまり主役を演じながら、演出家としての力も発揮できる。大きな舞台で非常に重要な権限与えられる。こうした経験を早く積むことで自身の幅を広げもっともっと大きく成長できる。そういうことを求めている人にと一緒に未来を創っていきたいと願ってます。

テックファームが
求めている人材

  1. 1つ目は挑戦しようとする人
    食わず嫌いではなく、新しいことにドンドン挑戦できるということ
  2. 2つ目は自分なりの軸をもち自分で行動・判断すること
  3. 3つ目は夢中になることができること

この3つですね。今日という一日、新しいことに挑戦して翌日新しい自分に進化する。こういうことを楽しみに感じ、そうした一日一日を繋げていける人。こういう人と仲間として、是非一緒に働きたいですね。

人と組織に関する考え方

“多様性を活かし、相互に強みを発揮するチーム”

一人一人が自立したプロフェッショナルとして強みを発揮しながら、
互いを尊重してチームで仕事ができる仲間であること。
それが、テックファームが目指す組織です。

多様性
違いは個性。個性は強み。
年齢や性別、国籍に関係なく
活躍できる。
そんなフィールドが
テックファームにはあります。
個を活かす ⇔ チームワーク
自分を認めてもらうには、
他人も認めること。
個を大切にするからこそ、
チームワークを大切にする。
お互いを尊重し合ってこそ、
良いチームが生まれると、
私たちは考えています。
各分野のプロであること
最高のサービスを
提供するために必死になる。
誰にも負けない得意分野を
磨き続ける。
自分の仕事に誇りを持つ。
それが、私たちが考える
プロフェッショナルです。

6つのコア・バリュー

顧客視点
お客様へどのような価値を提供できるか。お客様と寄り添い、お客様と同じ目線で考え抜けること。
私たちはITのプロフェッショナル集団として、お客様の期待を超えるサービスを提供していきます。
成長志向
成功からも失敗からも必ず得られるものがあります。ただし、チャレンジをしなければ何も生まれない。情熱と好奇心を忘れず、仕事を楽しむ姿勢。“ワクワク”する気持ちがイノベーションの原動力です。
チームワーク
プロフェッショナルにはチームワークが欠かせません。互いの強みを掛け合わせ、シナジーが生まれることで、個々の専門性を最大限発揮できると考えています。多様性を認め、相互に助け合い、切磋琢磨することで最強のチームが生まれます。
誠実さ
例えば挨拶をすること。当たり前のことを当たり前にできてこそ、人と人の信頼関係が生まれます。
社員が一人一人、最高のパフォーマンスを出し、顧客へより高い価値を届けるために、「人として誠実であること」それが最も重要であると私たちは考えます。
達成志向
困難な状況下でも決して逃げず、諦めない気持ち。
不可能であることの言い訳ではなく、可能にするためのアイデアや工夫を生み出し続ける姿勢。プロフェッショナルとして、結果を出すことにこだわり続けます。
本質志向
表面的な事象ではなく、物事の背景を理解し、本質を問い続ける力。問題意識を常に忘れず、顧客が真に求めていることを追求する姿勢。私たちの最大のミッション、それは顧客の抱える問題を解決することです。